top of page
検索
  • 執筆者の写真管理者

開所までのプロセス

更新日:2020年11月27日

あなたにもできる!古民家型高齢者住宅!VOL1



まず何より大切なこと、それは「どんな施設にするのか」を意志決定することです。

数あるサービス形態の中から、どのようなサービスを行いたいのかを決めることから

始まります。

通所サービス、訪問サービス、施設サービス、それとも新規形態なのか………

みなさんご存知のように、公的介護サービスを行うには、その形態ごとに行政に対し

て事業者認定を受けなければなりません。

この認定を受けることが、とてもハードルの高いものとして私たちの目の前に立ちは

だかります。

申請そのものが複雑なのではなく、それを満たすための設置基準を満たすことがたい

へんな作業となるのです。

その中でも、訪問サービスは比較的開業しやすく、個人レベルでも目的は達成できま

すが、通所サービスになるといきなりハードルが高くなり、施設サービスになると手

が届かないほどのハードルとなります。要は企業レベルのパワーがなければまずクリ

アできないでしょう。

また新規形態の場合は手続きがより複雑となり、関係行政等に対して煩雑な書類提出

をしなければなりません。加えて現場の立ち入り検査も厳しく、決して肯定的な目で

は見てくれません。

ハウスメーカー系やデベロッパーなどが、新たに申請する場合などは、関係行政も事

務作業的に手続きを進めますが、これが個人での申請となると、重箱の隅をつつくよ

うな対応になります。(創業者の経験談)

実際、行政マンとのやりとり中、無理難題を提示され、手続き途中で何度も挫折しか

けたこともありました。

しかし、その手続き全てが終わり、無事開業までたどり着いた今となっては、そんな

に難しいことではなかったように感じています。

そこで…………


①どのようにして「京綾庵」を開業することが出来たのか?

②開業までにどれくらいの資金が必要なのか?

③入居者様獲得の方法は?

収益性は?

⑤地域とのかかわり方は?

などについて次号から詳しく解説していきたいと思います。


興味を持たれた方は是非、引き続きご覧頂ければと思います。


閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page